【コンプレックスの塊だった】

自分の全てがコンプレックスだった。

 

何やっても、人より出来ない。

 

泣き虫。

 

小中高といじめられっ子。

 

細い目が嫌いで、ネタにされたり。

 

キモいと言われたり。

 

泣くのが面白くて、泣かされて面白がられたり。

 

障害児の弟をいじられたり。

 

そんな小中高時代。

 

人より勝りたかった。

 

認められたかった。

 

存在理由が欲しかった。

 

そんな時に始めたのが、ギター、バンドだった。

 

これが出来たら「すげー!」って思われるんじゃないかって。

 

そんな理由から始めた。

 

やってくうちに勝手にバンドでデビューを夢見る。

 

衝撃を受けたバンドもいて、そのバンドみたいになりたい。

自分が救われたみたいに、救ってみたい。

 

 

全ては存在理由が欲しかった。

 

人とは違う、特別だと思われたかった。

 

そんな理由からだったからね、音楽を本当に愛せていなかったんだと思う。

 

だから全然上手くならなかった。

 

練習嫌いだったし(笑)

 

自分なりにはしてたけど、圧倒的にしてなかった。

 

努力苦手、嫌い。

 

でも、やることは一丁前。

 

ハリボテだったよね。

 

中身が伴わない。

 

上手くいかない。

 

バンド作っては解散の連続。

 

そして、音楽から離れた。

 

沢山チャンスはあったけど、自分の力量不足で逃しまくった。

 

やっぱりみんな離れていく。

 

認められないんだなって。

 

だから、人に対して凄い依存してしまうんだな。

 

仲間とかそーゆーのに。

 

関係が深くなる。

自分出しても大丈夫かもと、さらけ出す。

 

そうすると関係が悪化する。

 

近づけば近づくほど、傷つけ、傷ついていく。

 

離れていくなら、最初から近づかないで!

 

って思っていた。

 

 

でも、ある時気付いた。

 

自分が相手側だったら、俺と一緒にいたいと思うのか?

 

自分が自分を認めていない。受け入れていない。好きじゃない。

 

自分が一番の味方になってないじゃん?って。

 

自分が認めていないのに、相手に認めて欲しい。どんだけワガママなんだろうって。

 

じゃー、全員が離れてったのか?

 

そうじゃなかった、残ってくれる人も沢山いた。

 

たまたま縁がなく離れてった人にフォーカスし過ぎて、側にいてくれる人にフォーカスしてなかった。

 

こんな俺でも側にいてくれてるじゃん?

その人達大切にすればいいじゃんって。

 

大切なものは側にあった。

 

マイナスにばっか目を向けて、有るモノに気付いてなかった。

 

そこから流れが変わっていった。

 

どこにフォーカスするかで景色が変わる。

 

人の顔色うかがっていきてきたけど、裏を返せば、相手を汲み取ることが出来る強みになっていた。

 

自分の見方を変えるだけで、景色を変える事が出来る。

 

ただそれだけで、コンプレックスも受け入れられた。

 

キモい、と言われたり、目が細いといじられたりしたけど、それが良い、好きだといってくれる人もいる。

 

そーゆー人達を大切にすればいいだけだった。

 

自分に悪影響になる人は元々縁がない人。

 

ただそれだけ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

The following two tabs change content below.
前嶋光一

前嶋光一

前嶋光一(マエジマコウイチ) 不安を安心に!弱みを強みに! あなたのモヤモヤをスッキリに変える ビリーフリライター
前嶋光一

最新記事 by 前嶋光一 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

前嶋光一

前嶋光一(マエジマコウイチ) 不安を安心に!弱みを強みに! あなたのモヤモヤをスッキリに変える ビリーフリライター